top of page
検索
  • Masa

#2 はじめ の つづき

更新日:2022年7月11日

2017年11月の監督事務所での打ち合わせ後

バッタリと連絡が途絶え

   (もちろん諸々の映画制作に関することは進行して いる...いたはず...いたかも...)

普段の仕事、生活をしながら

時々

「ああ、映画を作るって大変なんだな〜(その2)」

と思い出す日々を送って いた(...いたはず...いたかも...)


その時はこんな恐れ多いことになるとは思っていなかったので

何か資料を残すなどということは全く考えていなく

リーダー(orinovivo 緒方美穂)とやり取りするわずかばかりのラインメッセージを遡るしかない

ワタシが映画自体の音楽担当になるまで

監督とやり取りする窓口はリーダーだったのだ


それらをもとにその時の流れを検証すると

映画のサポーター募集のチラシが手元に届いたのが

2019年の5月ごろ

リーダーも準主役級の役をいただき

そのチラシによると

2020年秋完成予定となっている


なんと1年以上

キャスト決めや(プロダクションなど色々大変そう)

撮影に関すること(スタッフはもちろん撮影場所とか色々大変そう)

なんと言ってもかかるお金をどう捻出するか(これが一番大変そう)

などに奔走していた


「監督の仕事はまずとにかくお金を引っ張ってくること」

今でも監督はそうおっしゃる

『うさぎ追いし — 山極勝三郎物語 —』のときも

ワタシは映画そのものを作る(撮影とか編集とか)所にはいなかったけど

映画完成のため様々な苦労をされていたのはチラ見していたし

その為に演出が変わることもあった


監督が作りたい作品と現実とのコラボレーションが映画なのだろう


リーダー含めたorinovivoの出演シーンを2019年11月に撮影するスケジュールが組まれた頃


近藤監督の病気療養のため


映画製作が延期となる



閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page